東新小岩の家
夫婦2人が住まう住宅。ご主人は斜向かいの花屋を営む店主で、この住宅の1階はその花屋の倉庫の機能を果たしています。外階段を上って2階から上が居住スペースとなりますが、周囲が建物に囲まれた狭小敷地のため、プライバシーを守りながら、明るく快適な空間を作り出すことがこの住宅の一番の課題となりました。2階は特に近隣の視線が気になる環境にあったため、視界が抜けるわずかな場所に窓を設けたり、小さな吹き抜けを作り、そこに設けた天窓から光をたくさん取り入れるようにしました。3階の視線が抜ける場所には、大きめの窓を設けて、光と風が入るインナーバルコニーを作りました。