溝の口のリフォーム
築10年ほどのマンションの1室のリフォームです。低予算のため、間取りの変更は行わず、仕上げのみでの計画となりました。LDKと隣接する和室をアクセントカラーの壁紙でつなげ、畳をカラー畳として和の印象をおさえ、さらには間仕切りの引き戸の枠を全て壁色にあわせて白に塗装することで、壁を撤去せずとも、LDKと和室の間にあった境界を、仕上げ要素で薄めることで、一体的な空間を作り出そうと考えました。
  • Photo Keiichi Ono
  • Photo Keiichi Ono