KUGENUMA SHIMIZU 辻堂
鵠沼の自宅でフレンチレストランを営むシェフが、地元辻堂の大型商業施設内のフードコートに和スイーツのお店を出店しました。フレンチのシェフと和スイーツという相容れない組み合わせをそのまま店舗で表現したいと考え、モノトーンを基調とし、モールを洋のアイコンとして配置しながら、カウンターの真ん中では小さなたい焼きがころころと焼かれている。そんなシュールな光景が、訪れるお客さまに親しみを感じていただけているひとつの要因となっているような気がします。
  • Photo Keiichi Ono
  • Photo Keiichi Ono