王禅寺東の家
約200㎡の整形地に建つ二世帯住宅です。1階の親世帯では、以前住んでいた住宅での生活動線の一部を継承し、生活環境の変化によるストレスを抑えるよう努め、2階の子世帯では、この家と共に成長していく家族を包み込んでくれるような大きな空間と、大きなテーブルが中心に据えられています。テーブルという家具を規格外の大きさにすることで、様々な用途が生まれ、テーブルとしての固有の意味合いが薄れていきます。そうなることで使う側の主体的な発想を促す余地が生まれてくるのではと考えました。家や家具は、予め決められた意味や用途に縛られるのではなく、住み手、使い手が、住みこなす、使いこなす、そんな余地が残された存在であってほしいと思います。
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota
  • Photo Takumi Ota